人気エリアの不動産を購入するなら不動産会社を選ぼう

積み木

不動産選びで生活を豊かに

男性女性

仲介手数料とは、一般的に家賃の約1ヶ月分とされています。その他にも敷金礼金と諸費用を合わせると、初期費用で家賃の3~5ヶ月分を支払わなければなりません。特に、新生活となると家具や家電と、生活用品を揃えるとなると総額の費用が高くなってしまいます。中には、仲介手数料無料を強みにしている不動産会社がいくつもあります。仲介手数料が無料だと初期費用が抑えられ、浮いた金額で生活に必要な家具や家電の費用に当てることが出来ます。
仲介手数料が無料でお得になるのは、賃貸だけではなく物件を購入する時にも有効です。物件購入を住宅ローンにすると、自己資金を元に審査がされます。物件購入で仲介手数料無料だと、諸費用にかかる金額が浮くので、自己資金額に回すことが出来ます。
すると、自己資金が高くなり、当然借り入れの総額も低くなりますので、住宅ローンの審査が有利になります。しかし、自己資金が少ない方には物件自体にかかるローンだけでなく、諸費用やリフォームにもローンを組むことになります。ここで、ローンの金利が低い金融機関選びも大事ですが、それでも諸費用ローンやリフォームローンの支払いとなると経済的負担になってしまうのです。その点、仲介手数料無料だと、諸費用ローンやリフォームローンを組まなくて住むことになります。一般的に支払う諸費用が無料になるということは、ローンの返済計画に余裕が持てるということになります。ですので、賃貸や物件購入選びの条件として、仲介手数料無料の不動産業者を選ぶべきです。